南砺市立福光美術館

MENU

NEWS

2023.12.02
常設展示室が「冬季展示」となりました。

11月29日より、常設展示室の冬季展示が始まりました。
棟方志功のお部屋では油絵18点が並び、あたたかい色合いとなっております。

また、岩絵の具で描かれた鮮やかな樹に留まるミミズクたちを描いた「美魅寿玖の図」も久しぶりの展示となっています。

お正月らしい「絵馬」2点も展示しております。いずれも、法林寺の熊野社へ奉納する絵馬を、棟方が描いたものです。

石崎光瑤のお部屋では、「松に孔雀」や「鶴図」など、めでたい画題や金が印象的な屏風を展示しております。

日の出にタンチョウヅルを描いた「朝暾」や、朝日をバックに飛翔する鷹を描いた「旭日霊鷹」。
そして久しぶりの展示となる「嵐山春色之図」は若書きで大幅になります。
細やかに描かれた春の嵐山と、ぼかしによって描かれた遠望が見事です。
若き日の光瑤の力量が伺える作品となっています。

常設展示は来年3月11日まで。みなさまどうぞご来館ください!

最近の投稿
2024.02.22
2024.02.21
2024.02.03
アーカイブ