南砺市立福光美術館

MENU

NEWS

2024.01.20
第22回なんと版画年賀状公募展が開会しました。

本日1月20日(土)、第22回なんと版画年賀状公募展が開会しました。開会式および表彰式が行われ、受賞者の皆さんをお祝いしました。

審査員長の尾山章様からは、「一般大賞の笠井重光さんの作品は、白黒の作品表現の良さを引き出した素晴らしい作品。中学生大賞の宮下愛理さんの作品は、昨年の小学生大賞に続く2年連続の大賞作で龍の横顔をデザインした素晴らしい作品。小学生大賞の山本一輝さんの作品は、一昨年に続く大賞で龍の顔をアップした構図が素晴らしい作品。皆さんも今回の受賞を励みに続けてください。版画の良さ、版画でしか出せない表現を追求してください。」と激励の言葉をいただき、その他の版画作品の講評もいただきました。

受賞者代表挨拶は、一般大賞の部の笠井重光さん。「昭和47年に白黒版画を始め52年間同じスタイルの版画を続けてきました。金沢の親類から一昨年この版画年賀状展を聞き初めて応募しました。福光美術館の版画年賀状展、そしてその版画年賀状を巨大紙風船にした“なんと福光雪明り祭り”など版画を活かした素晴らしいイベントがあり感動しています。作品が巨大紙風船になって空を舞うのが楽しみです。本日はどうもありがとうございました。」と挨拶をいただきました。

今回受賞された皆さんおめでとうございます。そして出品いただいた皆さんありがとうございました。

なんと版画年賀状公募展は、2月18日(日)までの開催(火曜日は休館)、午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)、観覧無料です。多くの皆さんにお越しいただけるようスタッフ一同お待ちしております。

最近の投稿
2024.06.10
2024.06.06
2024.05.29
アーカイブ