ギャラリートークを開催しました。

本日午後2時から企画展示室で当館学芸員によるギャラリートークを開催しました。丁度その頃に到着された団体の方々もあり、賑わいました。棟方の書の語句のほとんどが仏教語であり、技巧や形態にとらわれずに自分の心思うがまま自由自在に書きあげられているとの解説に、皆さん興味深げに聞き入っておられました。

 

棟方志功記念館「愛染苑」、消防訓練に参加しました

来る10月21日(日)午前8時45分から「砺波地域消防連絡会消防訓練」が南砺市福光地内(福光公園・宇佐八幡宮周辺)で実施されました。

愛染苑もこの訓練に参加しました。鯉雨画斎附近で火災が発生したとの想定で、119番通報、消火器を使った初期消火活動、避難誘導、展示物搬出、情報伝達の訓練を行いました。「愛染苑」は街中にあります。この訓練を通して、防火に一層心掛けようと改めて思いました。

 

アートでコラボ開催中!

 

現在アートルームにて福光東部小学校の4年生の作品を展示中です。

現代アーティストとのコラボレーションで共同制作した57点が一堂に並びました。

スクエアのキャンバスいっぱいに、それぞれの思いが表現されています。

描いた児童の解説とあわせてお楽しみください。

 

会期は10月31日(水)まで。

みなさまのご来館お待ちしております!

特別展示中‼ 棟方志功油彩画「獅子舞」

ただ今常設展示室では、株式会社北陸銀行様のご好意により、 棟方志功油彩画「獅子舞」を特別展示しております。隆々とした一本の角のある朱塗りの獅子頭、大きく見開いた目、きれのある動きを勢いのある筆致で見事に描かれています。

11月4日(日)まで開催しております企画展「棟方志功 広大無辺の書の世界」展に合わせた特別展示となっておりますので、どうぞお見逃しなく!

 

 

南砺市展に係るコレクション室閉鎖等のお知らせ

11月17日(土)から25日(日)まで第14回南砺市美術展を開催します。

つきましては、これに伴う準備等のため下記の通りコレクション室を閉鎖します。常設展示室は通常通りご観覧できますが、11月11日(日)、13日(水)は作品搬入及び展示等のため館内はざわつきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

〇コレクション室閉鎖日  平成30年11月11日(日)~11月16日(金)

 

とみだい☆ペケペケアートショップin福光美術館

富山大学人間発達科学部の学生によるこどもたちのワークショップを開催しました。大勢のお子さんが大学生のお兄さん、お姉さんに教えてもらいながら楽しく創作活動をしていました。

 

 

■日 時  9月29日(土) 10:00~16:00
ああああああ*時間中であればいつでも参加可 (所要時間30分~1時間)

■参加費  無料
ああああああ*材料がなくなり次第終了

■場 所  福光美術館 アートルーム

■内 容

☆「カンタンはんがでムナカタに挑戦!」
いろいろな形の版木を組み合わせて版をつくり、五箇山和紙にカラーで摺って完成させ、棟方志功の作品と比べてみます。

☆「ぼく・わたしの花鳥風月」
石崎光瑤の作品を見た後に、日本画の絵具を使って五箇山和紙に身近な草花などの自然を描きます。

どちらの体験も福光美術館常設展をご覧頂けます。じぶんで作った作品と、どっちがじょうずか比べてみよう!

□保護者の方へ
「ぺけぺけアートショップ」の「ペケ」とは「小さな」という意味のスペイン語pequeñoからとっており、時として子どものことも表すことから、この名前をつけました。本企画は、戦時中、旧福光町を疎開先にして制作活動を行っていた棟方志功と、同町出身の石崎光瑤の作品を活用した子ども向けの観賞と表現のワークショップです。子どもたちに一流の作品を鑑賞する機会を与えるとともに、木版画・日本画・水墨画という伝統的な表現方法の素晴らしさを学んでいただけます。大学生が対応しますから、子どもたちものびのびと活動できることでしょう。日頃、美術館を敷居の高い場所と思っていらっしゃる方にも、ぜひ気軽にご参加いただければ幸いです。

■企画・運営:富山大学人間発達科学部子どもとのふれあい体験(美術館子どもワークショップ運営コース)履修の1年生

■共催:南砺市

■後援:南砺市教育委員会

■問い合わせ
◇富山大学人間発達科学部 隅研究室
E-mail: sumi@edu.u-toyama.ac.jp Tel&Fax:076-445-6317

◇南砺市立福光美術館 ☎0763-52-7576

 

「棟方志功 広大無辺の書の世界」展の開会式を開催しました。

本日、「棟方志功 広大無辺の書の世界」展の開会式を行いました。

 

 

テープカット後、当館学芸員によるギャラリートークを開催しました。

 

その後、「棟方志功と大澤雅休」と題して、表立雲氏による記念講演を開催しました。

 

「棟方志功 広大無辺の書の世界」展は11月4日(日)までの開催です。

また、現在常設展示室では、おなじく11月4日(日)まで棟方志功の油絵「獅子舞」(株式会社北陸銀行蔵)を特別展示しています。企画展とあわせてご覧いただければ幸いです。

 

みなさまのご来館をお待ちしております。

梅原玉翠書・篆刻展

福光美術館アートルームにて、梅原玉翠さんによる個展が開催されます。

会期は9月7日(木)~13日(木)まで。(火曜休館)

観覧は無料です。

皆様のたくさんのご来館、お待ちしております!

ワークショップ・作品鑑賞会を開催いたしました

8月12日、「木片を組み合わせて動物を作ろう」ワークショップを開催しました。

様々な形の木片を上手に組み合わせ、個性あふれる動物たちが出来上がりました。みんな集まると、にぎやかな動物園のようです!ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

また、同日の3時からは、「第4回 ザ・セッション!Artの俊英展」出展作家による作品鑑賞会を開催いたしました。

それぞれの創意、そして作家の思いを深く知ることのできる、素晴らしい観賞会となりました。

 

8月19日には、出展作家の長谷川由美子氏によるワークショップ「竹かごのある生活 手編みの竹かご」を開催いたしました。

たくさんの竹ひごを丁寧に編み上げて、参加者のみなさま全員が、竹かごを完成することができました。本当にありがとうございました。

 

第4回ザ・セッション!Artの俊英展は8月27日(月)までです。

となみ野に吹く新しい芸術の息吹をどうぞ、ご鑑賞ください!

皆様のご来館、お待ちしております。