福光美術館といえば、生命ほとばしる板画家・棟方志功と絢爛の花鳥画家・石崎光瑤。この二人の作家のあっと驚く異色作やあまり知られていない作品を中心に展示します。

創造精神の多面性や作家の試行錯誤の跡が感じられ、この二作家への理解を一層深めていただけると思います。
また、二作家のほかにも、これまで展示する機会の少なかった作品や、新たに収蔵した作品からキラリと光る佳品を数多く展示します。
「こんな作品がここにあったのか!」と、福光美術館の、また美術そのものの魅力をあらためて実感していただければ幸いです。

期間:令和4年6月18日(土)~7月25日(月) 火曜日休館

時間:9時~17時(入館は16時30分まで)

観覧料:一般400円 / 高大生210円 / 中学生以下無料