企画展「藤田弘基遺作写真展 仏教美術の源流 ガンダーラからチベットまで」が開会しました。

昨日5月29日(土)、「藤田弘基遺作写真展 仏教美術の源流 ガンダーラからチベットまで」が開会しました。。

開会式でのテープカットに引き続き、藤田氏夫人で童話作家の茂市久美子氏、(公財)中村元東方研究所専任研究員、利賀瞑想の郷主任学芸員である田中公明氏によるギャラリートークがありました。

 

 

 

 

 

 

午後からは田中公明氏による記念講演会『アジア仏教美術の流れと藤田弘基遺作写真展』を開催。多くの方にお聞きいただきました。

 

 

 

 

 

 

第一会場の福光美術館では、インド・パキスタン・チベットで撮影された写真を中心に81点、第二会場の利賀瞑想の郷では、ネパール・ツクチェ村周辺で撮影された写真を含む22点を展示しています。

本企画展は7月26日(月)まで開催しております。

みなさまのお越しをお待ちしております。