※展示期間は予告なく変更する場合がございます。

 

■常設展 冬季展示

2020年12月2日(水)~3月15日(月)

石崎光瑤展示室では、今年新たに収蔵した「扇面散図・観瀑図」(二曲一双屏風)をはじめ、日の出に雄々しく羽を広げる鷹を描いた「旭日霊鷹」(軸装)、デザイン化された七羽のクジャクが豪華絢爛な「寂光」(二曲一双屏風)、北陸の雪を見事に表現した「雪」(二曲一双屏風)などを展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

棟方志功の展示室では、代表作の「二菩薩釈迦十大弟子」(六曲一双屏風)のほか、ニーチェの詩「ツァラトゥストラはかく語りき」を主題に構成した「運命頌板画柵」、12か月を豊かなデザインで表現した「柳緑花紅頌」などを展示しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■コレクション室(無料)

2020年12月2日(水)~

川原竜三郎のブロンズ像、林清納の洋画〈インドの女シリーズ〉、齋藤清策や大島秀信の日本画など、計22点を展示しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廊下のケースには、松村秀太郎の木彫刻と陶器、計9点を展示しています。

 

 

 

 

 

皆様のご来館をお待ちしております。