福光美術館新館長の辞令が交付されました

9月1日(火)、福野庁舎において福光美術館館長の辞令交付式が行われ、片岸昭二新館長(富山市)に、田中市長から辞令が手渡されました。

市長室にて辞令交付

片岸新館長は、7月に逝去された前館長奥野達夫氏の後任として就任。福光地域出身で、富山県立近代美術館学芸員、副館長を歴任し、福光美術館が開館した平成6年から美術館運営会の委員、平成25年度からは委員長を務めました。

開館から20年を迎え、9月5日には、増築工事を終えた新常設展示室がオープンします。これからも、常設展示作家である石崎光瑤・棟方志功に対する顕彰をますます深め、それを市民のみなさまはもとより全国のみなさまへご紹介するべく、新体制で臨みますのでなにとぞよろしくお願いいたします。

(9月1日から4日までは、新常設展示室準備のため休館します)