墨華 現代女流水墨画展

 水墨画は東洋独特の絵画表現で、墨による線、滲み、暈し、擦れによって濃淡や明暗を表現する絵のことをいいます。日本には、鎌倉時代に仏教の禅宗とともに中国より伝来し、以後、日中間の学問僧の往来の隆盛から新しい画法が伝えられ、室町時代には如拙や周文そして雪舟によって全盛時代を迎えました。特に山水画は、単なる自然の再現を超越し、空気や気、さらに世界観、深い精神世界までをも描き出すものにまで昇華され、以来、日本における絵画の主流をなした時代もあり、古くから私たちの生活に深く関わってきました。             現代の水墨画では、より自由な表現が試みられ、描かれる対象も自然の風物のみならず、心象的な抽象画など多彩に表現されるようになりました。また、日本画や洋画に比べて取り組みやすいこともあり、水墨画を嗜む人が増えています。                                                                このたびの展覧会では、現代水墨画協会の協力のもと、女流水墨画家19名のたおやかで豊かな感性で描かれた大作35点をご覧いただきます。この機会に多様な表現性をもつ現代水墨画の魅力をこころゆくまでご堪能ください。

 会 期      平成24年7月7日(土)~8月26日(日)

観覧料      一般500円 高大生300円 中学生以下無料(20名以上の団体は2割引)

開 館      9:00~17:00(入館16:30まで)

休館日      会期中無休

主 催      南砺市、南砺市教育委員会、南砺市立福光美術館

共 催      富山・北國新聞社、富山テレビ放送

後 援      NHK富山放送局、北陸放送、となみ衛星通信テレビ

協 力      現代水墨画協会  

 

会場風景

 

<ギャラリートーク>  出展作家による作品解説会 (福光美術館 企画展示室にて)

日  時   7月15日(日)、7月29日(日)、8月5日(日) 午後1時から

        7月17日(火) 午後3時から

 

<ワークショップ> 水墨画の制作講座 ( 福光美術館研修室にて)  

講  師    川端豊次 (現代水墨画協会理事長)

日  時   7月29日(日)  午後2時~4時30分

対  象   小学校3年生以上、親子参加も可 (定員20名)

受講費    500円

申込み   福光美術館に電話で申し込み下さい。(電話 0763-52-7576)