「なんとの至宝展Part5 生誕120年 文人 谷 聴 泉 展 -書画・篆刻の美を求めて-」

なんとの至宝展Part5
生誕120年 「文人 谷 聴泉展」 -書画・篆刻の美を求めて-

 

篆刻界の鬼才として将来を嘱望されながら若くしてなくなった南砺市城端出身の文人 谷聴泉の画・篆刻・書・印譜コレクション等を展示いたします。あわせて、文人 谷聴泉を育んだ当時の南砺市の人々と文化を探ります。あらためて南砺市の潜在的な文化度の高さが再認識できると思います。

会期 9月17日 (土)~10月30日(日)
観覧料金 一般600円/高校大学生400円/中学生以下 無料
(常設展示観覧料金含む)

関連行事

○開会式
9月17日(土) 9時30分 南砺市立福光美術館ロビー
※テープカット後、ギャラリートークがあります。

○記念講演会
9月17日(土) 10時30分 南砺市立福光美術館ロビー
演題 「文人 谷聴泉の魅力」 講師 上田北山氏(COSMOS書会代表)

※終了しました。

○ミュージアムセミナー
10月9日(日) 14時 南砺市立福光美術館アートルーム
「聴泉の書と篆刻」 講師 上田北山氏(COSMOS書会代表)
※受講料無料・参加申込不要 ※終了しました。

○ワークショップ
10月2日(日) 14時 南砺市立福光美術館アートルーム
「篆刻に挑戦! 一字印を彫る」 講師 上田北山氏(COSMOS書会代表)
受講料 1,500円(材料費込)
定員 20名 参加申込は美術館へ!※終了しました。

○ギャラリートーク
9月25日(日) 10月16日(日) いずれも14時から

「なんとの子どもたちが描く 和紙アート展」

「なんとの子どもたちが描く 和紙アート展」

南砺市の伝統工芸である五箇山和紙を使ったワークショップを市内小学生親子を対象として開催します。ワークショップは、五箇山和紙の里において紙漉きを行ったあと、「ちぎり絵」「にじみ絵」「切り絵」の3つのコースで作品を制作し、完成した作品は、福光美術館企画展示室で一堂に展示いたします。また、審査員による作品審査もあり、大賞・優秀賞・奨励賞と表彰されます。

会期 8月13日 (土)~ 8月28日(日)
観覧料金 無料(常設展示は有料)

ワークショップ「ちぎり絵」(大人気)

ワークショップ「切り絵」(高学年向け)

ワークショップ「にじみ絵」(お手軽)

ワークショップ参加者(昨年)

表彰式(昨年度)

大賞作品(昨年度)

 タイトル「かきごおりに花火がうつっちゃった!」

 

「御所の花 安野光雅 展」

天皇皇后両陛下のお庭を彩る花々を描く
「 御所の花  安野光雅 展」
安野光雅 卆寿記念

 

安野光雅は、『ふしぎなえ』、『旅の絵本』、『ABCの本』等、その柔らかな色調と優しく品のある画調で描かれる世界観が多くの人々から愛されています。今回の展覧会「御所の花」展では、天皇皇后両陛下のお住まいである皇居吹上御所の庭に咲く花々を描いた水彩画130点を一堂に展示します。北陸では初の展示となります。絵本とは異なる安野光雅の世界をお楽しみください。

「バラ (エンプレス  ミチコ)」

会期 6月18日 (土) ~ 8月7日(日)  会期中休館日なし
観覧料金 一般800円/高大生500円/中学生以下 無料
(常設展示観覧料金300円を含む)

共催 北日本新聞社、北日本放送
後援 北陸放送、となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ
監修・企画協力 津和野町立安野光雅美術館

-展覧会関連イベント-
○開会式
6月18日(土)9:30 福光美術館  ロビー

記念講演会  入場無料  終了しました。
6月18日(土)10:30~11:30 福光美術館  ロビー
演題 「画家 安野光雅の世界」
講師 大矢  鞆音 氏 (津和野町立安野光雅美術館 館長)

ワークショップ  お申し込みは福光美術館まで

プチポアン刺繍「小さなバラ」

プチポアン刺繍講座 「小さなバラ」
日 時 6月26日(日)14:00~16:00
場 所 福光美術館多目的スペース「アートルーム」
講 師 鵜飼  文代 氏 (久家 道子 プチポアン刺繍協会認定インストラクター)
受講料 600円(材料費込)
定 員 15名(先着順)

 

ミュージアムセミナー  参加費無料
「皇居の植物」
日 時 7月24日(日)14:00~15:30
場 所 福光美術館  ロビー
講 師 中田  政司 氏 (富山県中央植物園 園長)
申込不要

 

「彩・光・風 -癒やしの景色 安念余志子写真展-」※終了しました

「彩・光・風 -癒やしの景色 安念余志子写真展-」 ※終了しました

富山県南砺市出身の安念余志子氏は、風景写真家にとって権威ある写真賞「前田真三賞」を北陸三県で初めて受賞した写真家です。安念氏は、とろけるようにぼかした背景や柔らかい光を巧みに操り、四季が織りなす芸術を独自の感性で撮影しています。その風土と一体となる作風は、風景写真の中でも高い評価を得ています。

このたびの展覧会では、幻想的な「彩」、柔らかく温かい「光」、優しくささやく「風」をテーマに、美しい四季を女性的で柔らかく表現した作品や、となみ野の寺院の厳かな世界を捉えた作品もあわせて約100点展示いたします。

これらの作品は、みなさまに癒しの景色として心の和みとなることでしょう。

彩 -幻想的な彩

光 -柔らかく温かい光

風 -優しくささやく風

会期 平成28年4月29日(土)~6月5日(日)

観覧料金 一般500円/高大生300円/中学生以下無料
(常設展示観覧料を含む)
共催 北日本新聞社
後援 北日本放送、となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ
協力
キヤノンマーケティング株式会社、株式会社ニコンイメージングジャパン、富士フィルムイメージングシステムズ株式会社、株式会社フジカラー北陸、リコーイメージング株式会社、岩崎精正堂、五箇山和紙の里

-展覧会関連イベント-
○開会式
4月29日(土)9:30 南砺市立福光美術館 ロビー

○ギャラリートーク
4月29日(土) 開会式終了後
5月3日(火・祝)10:00

○モデル撮影会
5月3日(火・祝)13:00
南砺市立福光美術館
参加者定員 50名
参加費 観覧料

○緑の森のコンサート ハープコンサート
5月8日(日)14:00
南砺市立福光美術館
参加費 無料

○写真添削教室 
5月22日(日)10:00~12:00
南砺市立福光美術館 アートルーム
参加者定員 30名(※定員に達しました)
参加費 観覧料

○PENTAXフルサイズ一眼レフK-1体験会
5月22日(日)13:30
南砺市立福光美術館 アートルーム
参加者定員 60名
参加費 観覧料

○フジフィルムXカメラ体験会およびフジコン入賞作品鑑賞会
5月28日(土)10:00~13:00
南砺市立福光美術館 アートルーム
参加者定員 50名
参加費 観覧料

○自分で撮影した写真を五箇山和紙にプリントしよう
5月28日(土)14:00~16:00
南砺市立福光美術館 アートルーム
参加者定員 30名
参加費 3,000円(観覧料込み)

「書・今を拓く 石井南耕・駿・克代展」※終了しました

「書・今を拓く 石井南耕・駿・克代展」※終了しました

書・今を拓く 石井南耕・駿・克代展

会期 3月5日~4月10日

戦後の自由主義の流れは、表現の自由をともない、芸術の各分野においても様々な変革をもたらし、書の分野においても芸術運動として前衛書が台頭しました。富山、特に南砺の地においていち早く前衛書に魅せられ先駆けとして道を拓いた石井南耕、それに続く石井駿、克代の代表作、新作を展示します。

石井南耕「大安心」

会期 3月5日 (土)~4月10日(日) (火曜日休館)
観覧料金  一般500円/高大生400円/中学生以下 無料(常設展示観覧料金も含む)
出展作家 石井南耕(故人)、石井 駿、石井克代
展示作品数 書作品 45 点

石井駿「風神」

石井駿「雷神」

石井克代「慕」

 

 

 

 

 

 

 

-関連イベント-

(1)開 会 式
日時:3月5日(土) 9時30分~
場所:南砺市立福光美術館ロビー テープカット後、展覧会作品解説

(2)ワークショップ― 筆とあそぼう! -
日時:3月13日(日)、3月20日(日)  14時
場所:南砺市福光美術館 アートルーム
講師:石井駿氏、石井克代氏
参加費:500円
定 員:30名
対 象:年齢制限なし(幼児、小学校低学年の場合は保護者同伴のこと)

(3)緑の森のコンサート
出演:コーラスカルテット ヴィザ・ヴィ
日時:3月16日(水)14:00~15:00
場所:福光美術館 ロビー
料金:無料

(4)ギャラリートーク
日時:3月27日(日) 14時
場所:福光美術館企画展示室
講師:石井駿氏、石井克代氏
※終了後茶話会を実施

共催:北日本新聞社、北日本放送
後援:富山奎星会、となみ衛星通信テレビ、富山エフエム放送

「第14回なんと版画年賀状公募展」

第14回なんと版画年賀状公募展 ※終了しました

全国からハガキサイズに刷った版画作品を公募し、すべてを展示しております。応募点数はなんと510点!北海道から九州まで、さまざまな版画作品が寄せられました。

みなさまの熱のこもった力作の数々をぜひともご覧ください。

 

展示室では、大賞作品が大きな紙風船となってみなさまを迎えます。

迫力満点の大賞作品

今回は小学生以下の部門の応募点数が、昨年より100点も増えました!ありがとうございます!

可愛い版画で埋め尽くされています

展示室がとても華やかです

また、一般の部の作品も昨年より多くなっています。ありがとうございます!

レベルの高い一般作品

招待作品は展示ケースでお目見え

技法・色彩ともに豊かな招待作品

受賞作品は奥に一堂に展示。

受賞作品の数々

大賞作品は紙風船だけでなく、もちろん応募作品も展示。

一般の部 大賞作品

版画で刷られた年賀状はどこか温もりが感じられます。みなさまも可愛らしい版画年賀状や、色鮮やかなもの、凝った技法で製作された年賀状など、たくさんの作品をご覧いただき、寒い冬の中でも暖かい気持ちになってみてはいかがでしょうか。

 

第14回なんと版画年賀状公募展 応募・展示点数

小学生以下の部 365点

中学生の部    27点

一般の部    118点

招待の部     40点

合計      550点

 

展覧会期 平成28年1月16日(土) ~ 2月14日(日)

観覧料  無 料

・    (但し、常設展示を鑑賞する場合は、一般300円 高大200円)

「第11回 南砺市美術展覧会」

「第11回 南砺市美術展覧会」 ※終了しました。

南砺市在住、在勤者を対象とした美術公募展です。日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門の作品を福光美術館で展示しております。

※昨年度までは福野文化創造センター「ヘリオス」と福光美術館で開催しておりましたが、今年度は福光美術館のみで開催しています。

開催期間 平成27年11月22日(日) ~ 平成27年11月29日(日) 会期中無休

入場無料(常設展は別途観覧料が必要です)

各部門の市展大賞の作品です。

日本画 市展大賞「樹」

洋画 市展大賞「そこにある」

彫刻 市展大賞「手~希望~」

工芸 市展大賞「象嵌広口壺「楽舞」」

書 市展大賞「樹」

写真 市展大賞「怒涛」

 

各部門の展示会場の様子です。

日本画会場

洋画会場

彫刻会場

工芸会場

書会場

写真会場

招待・委嘱・一般あわせて336点の力作が一堂に並んでおります。

この機会に是非ご覧ください。

 

「ときめく布たち 美を綴るArt Quilt展 2015」

「~ときめく布たち~美を綴るArt Quilt展 2015」 ※終了しました。

多くの愛好家に親しまれている布と糸と針の芸術「キルト」。布に込められた彩りの世界を紹介します。日本を代表するトップキルターと地元キルターの美の饗宴をお楽しみください。

会 期 平成27年9月19日 (土) ~ 平成27年11月3日(火・祝)

観覧料 一般800円/高大生500円/中学生以下無料(常設展示観覧料も含む)

今回で3回目となるこの展覧会では、日本キルト界のトップとして活躍している作家、富山・石川県で活躍している作家の作品、また市内の子どもたちの作品、合計47点のキルトを展示しています。

片桐好子氏「禅」

会場風景

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、これまでに関連行事が下記のとおり行われました。

開会式・記念講演会

9月19日(土)、シルバーウィーク初日とあって多くのキルトファンの方々にご来館いただきました。みなさまありがとうございました!

開会式の様子

テープカット

 

作家による作品解説

解説に聞き入っています

片桐好子氏による記念講演会

片桐氏はキルトとの出会い、富山との出会いを振り返りながらキルトの素晴らしさを語り、キルト作品を芸術品として展示する専門美術館を熱望されていました。

 

ギャラリートーク

○平成27年9月27日(日) 14:00~15:30

田島氏による解説

かわのかみ氏による解説

○平成27年10月12日(月・祝)14:00~15:30

坂上氏による解説

松山氏による解説

金山氏による解説

 

○平成27年10月25日(日)14:00~ 展示会場にて富山・石川県の出展者による作品解説

西村氏による解説

ワークショップ

○カラフルな“バックイン巾着“

平成27年9月30日(水)14:00~16:00 福光美術館 多目的スペース「アートルーム」

講師:安田栄美氏(キルトクラブぴーぷる主宰)

とても熱心な指導の安田氏

○横まち付きの”ぺたんこバック“

平成27年10月6日(火)14:00~16:00 福光美術館 多目的スペース「アートルーム」

講師:笹倉幸子氏(パッチワークスクール”幸“ 主宰)

細やかで丁寧な指導の笹倉氏

○秋色ティーコゼ

平成27年10月17日(土)14:00~16:00 福光美術館 多目的スペース「アートルーム」

講師:かわのかみさよこ氏(キルトサークルかぜまがり村 主宰)

特徴的な手法をわかりやすく指導

○だれにでもできる”モラ“

平成27年10月29日(木)14:00~16:00 福光美術館 多目的スペース「アートルーム」

講師:田島ふじ子氏(ピンクシャワー友の会 主宰)

特徴的なモラの手法をわかりやすく指導

グループ展

○安田栄美キルトクラブぴーぷる作品展

平成27年9月19日(土)~10月4日(日)福光美術館 多目的スペース「アートルーム」

代表:安田栄美氏(キルトクラブぴーぷる主宰)

華やかでにぎやかな展示室

○かわのかみさよこと仲間たち展

平成27年10月5日(月)~10月18日(日)福光美術館 多目的スペース「アートルーム」

代表:かわのかみさよこ氏(キルトサークルかぜまがり村 主宰)

大作が並んだグループ展

 

キルトグループ展(無料)

 

○田島ふじ子  ピンクシャワー友の会「モラと刺繍」展

 

平成27年10月19日(月)~11月3日(火・祝)福光美術館 多目的スペース「アートルーム」

 

代表:田島ふじ子氏(ピンクシャワー友の会 主宰

一面モラの世界です

○ 緑の森のコンサート

平成27年10月30日(金)14:00~15:00 福光美術館 ロビー

奏者:Rabi Sari(ラビィサリ)

盛り上がったコンサート

「第3回 ザ・セッション!Artの俊英展」

「第3回 ザ・セッション!Artの俊英展」 ※終了しました

となみ野を舞台に創作活動を続ける将来性豊かな若手作家の多彩な作品を一堂に集め、ジャンルを超えた作品群が共演する展示となっております。

展示会場

会 期   平成27年8月1日(土)~8月31日(月)

開 館   9:00~17:00

休館日   火曜日

観覧料   一般400円 高大生200円 中学生以下 無料

○ギャラリートーク   8月8日(日)14:00より

○ワークショップ   8月23日(日) 9:30より

『世界に1つだけの「うちわ」を作ろう!』こちらは参加者を大募集しております!

詳しくはこちら↓

ワークショップについて

8月1日(土)オープニングイベントが行われました!

まずは南砺市の歌姫林道美有紀さんによるコンサートから幕が上がります。

林道美有紀さんによるコンサート

続いて開会式が行われました。

出展作家代表の挨拶

 

テープカット

このあと出展作家によるギャラリートークが行われ、来館者の方々は真剣に作家の作品に込めた思いを受け止めていました。

盛り上がったギャラリートーク

オープニングイベントの最後は公開制作です。河合刀太氏がいけばなを披露しました。

会場のみなさんが魅入っていました。

 

「三浦雄一郎エベレスト登頂写真展」

「三浦雄一郎 エベレスト登頂写真展」 ※終了しました

会 期 平成27年5月30日(土)~7月20日(月・祝) 会期中無休

観覧料金 一般800円/高大生500円/中学生以下無料(常設展示観覧料を含む)

エベレスト夜景

80歳になってもなおエベレスト登頂を試み、自身3度目の登頂成功を果たした三浦雄一郎氏。史上最高齢で挑戦したエベレスト登頂を、登山隊が撮影した100枚を超える写真で辿ります。

エベレスト頂上にて三浦雄一郎

(画像提供 ミウラ・ドルフィンズ)

このたびの展覧会では、2013年に挑戦したエベレスト登頂の軌跡を写真で追い、壮大なドラマを振り返ります。圧倒的なスケール感と、8,848メートルの山頂に肉薄した迫力ある展望を感じ取っていただけることと思います。あわせて、3度のエベレスト登頂を支えた三浦家の方々や南砺市福光とのゆかりもご紹介します。100枚以上もの登頂写真を、一堂に展示するのは全国で初めてです!ぜひともご来館ください!

ミュージアムショップでは三浦雄一郎氏の関連書籍を販売しております。

1.80歳エベレスト登頂(双葉社) 1,640円(税込)
三浦氏のサイン入りです!
3度目のエベレスト登頂記録を写真中心に紹介するムック本
完売しました!

2.高く遠い夢 ふたたび(双葉社) 1,570円(税込)
三浦氏がつづる3度目のエベレスト登頂記

3.攻める健康法(双葉新書) 860円(税込)
三浦氏の健康法を実践しやすいように説いた1冊。
記念講演会でもこの健康法をご紹介されました。
この機会にお買い求めください。

5月30日(土)には三浦雄一郎氏による記念講演会が行われました。

記念講演会の様子

記念講演会では、60代の不摂生を反省し「守り」ではなく「攻める健康法」で、減量に挑み、さらに目標を「70歳でのエベレスト登頂」とすることで体を徐々に鍛え上げたことをお話されました。結果、3度のエベレスト登頂を成し遂げ「今度は85歳で標高世界第6位のチョ・オユーからスキーで滑りたい」と、今後の挑戦を語りました。

握手会

記念講演会後は書籍購入者を対象にした握手会を行い、終始笑顔で交流を深められました。

2 / 41234