「安野光雅 花の世界」

安野光雅 花の世界
『皇后美智子さまのうた』装画 『野の花と小人たち』 『みちの辺の花』装画より

■会期 平成30年 4月28日(土)~6月24日(日) 火曜休館

■料金 一般900円 / 高大生500円 / 中学生以下無料

■開会式 4月28日(土)9:30~ ロビーにて

テープカット後、齋藤道夫氏(安野光雅美術館副館長)によるギャラリートークを開催。

 

◆ワークショップ
「思い出を綴じよう小枝の折り本の作り方」
日 付 5月20日(日)13:00~15:00
場 所 アートルーム
講 師 森下登志美氏(表具師)
受講料 1000円(材料費含む)
定 員 6名(定員に達しました!)

 

◇緑の森のコンサート〈無料〉
「バロックの花束~17世紀のフランス音楽を中心に~」
日 時 6月2日(土)14:00~
演 奏 富山古楽アンサンブル
場 所 ロビー

 

◆ワークショップ
「ゆめのせかい お花の木版画講座」
日 時 6月10日(日)13:00~16:00
講 師 水上悦子氏(木版画家)
受講料 1000円(材料費含む)
定 員 10名(定員に達しました!)

「第16回なんと版画年賀状公募展」※終了しました

福光美術館では、20世紀を代表する版画家 棟方志功ゆかりの美術館として、毎年版画による年賀状の公募展を開催しています。第16回となる今展では、北海道から福岡県まで全国18都道府県から届いた450点(招待作品を含む)を展示しています。大賞受賞者は一般の部 今枝隆子さん(富山市)、中学生の部 吉藤宙音さん(南砺市)、小学生以下の部辰尾果蓮さん(富山市)。なお、入賞作品は2月10・11に道の駅福光で開催される「南砺ふくみつ雪あかり祭り」で上がる50基の巨大紙風船(高さ6m)に描かれる原画として採用されます。大賞の3点は実物大の巨大画も展示しています。

Art Quilt 2017、開幕です!

福光美術館企画展「美を綴る Art Quilt展 2017 -日本のトップキルターと北陸のキルトリーダーたち-」が始まりました。

会場には日本を代表するトップキルター6名と北陸のキルトリーダー25名による作品が合計44点並んでいます。

布の世界へ迷い込むよう

また、企画展入口には、南砺市内のこどもたちが自分たちで染めた布で作ったキルトも展示しています。

 

4月22日、開会式が行われました。開会の挨拶、テープカットに続き、藤田久美子氏による作品解説が行われました。

テープカットの様子

 

自分の作品の前で 解説中の藤田久美子氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 


作品解説あとも引き続き、藤田久美子氏による記念講演会が行われました。藤田久美子氏はグラフィック・キルトの第一人者で、デザイナーとしての経験を生かしたデザイン的な文字のキルトが特徴です。フォントの説明など、普段は聞けない貴重なお話をして頂きました。また、著書へのサイン会も開催されました。

新緑を背景に 講演会の様子

サイン会の様子

 

キルトの先生方

展覧会は6月18日まで開催。期間中無休です。ぜひ福光美術館へお越しください。

◆「美を綴る Art Quilt展 2017 -日本のトップキルターと北陸のキルトリーダーたち-

「こころを織る KIMONO 山下郁子展」※終了しました

「こころを織る KIMONO 山下郁子展」

■会 期  3月3日(土)~4月8日(日) 火曜休館

■観覧料  一般500円/高大生300円/中学生以下無料(常設展観覧料を含む)

 

□開会式   3月3日(土)9:30~
テープカット後、山下郁子氏によるギャラリートーク

□記念講演会 3月3日(土)10:30~
講師 寺川和子氏(石川県立美術館 学芸専門員)
演題 「山下郁子と北陸の染色家たち」

□山下郁子氏によるギャラリートーク 3月17日(土)14:00~

□ワークショップ「小枝のタペストリー」
日 付 3月11日(日)13:00~16:00
場 所 アートルーム
講 師 山下郁子氏
受講料 1000円(材料費含む)
定 員 10名(小学校低学年は保護者同伴のこと)
※お申し込みは福光美術館(0763-52-7576)まで

□緑の森のコンサート〈無料〉
「川村文乃 ハープコンサート」
日 付 3月25日(日)14:00~
場 所 ロビー

1 / 512345