館長の部屋

フクロウ、現る!

美術館の周りにはさまざまな野鳥が見られます。

このはく製は、不運にも美術館の壁に激突して亡くなっていたフクロウなんだそうです。立派な翼に、力強い脚。猛禽類らしい鋭い爪が怖いけれど、大きな目がかわいいですよね。本当にこの辺りにこんなに大きな野鳥が居るんだ!とびっくりしていたのですが、きょう、ホールのガラスを見てまたびっくり。

こ、これは!魚拓ならぬ、鳥拓。立派な羽と、丸い顔がはっきり見えます。夜間にぶつかったのでしょうか…

地面には羽も落ちていなかったので、きっとそのまま飛び去ったのだろうと思いますが、ひょっとするとはく製の彼の子孫なのかもしれないですね。

先日は駐車場から「キョロロロロ・・・・」と聞きなれない鳥の声がしました。調べてみたところ、アカショウビンの雄の声だそうです。カワセミの仲間で赤い体を持つアカショウビン。姿は見えなかったのですが、そんな野鳥までこの美術館の周りに来ているなんて感動です。写真の撮り方を学んで、一眼レフで美術館の周りに生息する野鳥や昆虫、動物を撮影をしてみたいものです。

さて、昨日から始まりました「〈いのち〉を写す 石崎光瑤の視点と表現  -写生・下絵・写真-」は好評開催中です!南砺市(旧福光町)出身の石崎光瑤も、幼少期はこのあたりの自然をいっぱいに吸収し、感動し、写生をしました。画家の基礎となる写生にスポットを当てたこの度の展覧会では、普段は一堂に展示する機会の少ない、素晴らしい写生画の数々をご覧いただくことができます。命を写そうとする、光瑤の、鳥や花に向ける眼差し。筆遣いや鉛筆の走り。より身近に石崎光瑤という画家を感じることができます。

また、この度富山県[立山博物館]さまからお借りした、大正5年~6年にかけて行ったインドでの写真を展示しております。石崎光瑤が体験した当時のインドの情景、登攀したヒマラヤの峰々を見ることができます。

石川県立美術館では22日まで、「若冲と光瑤展」も開催中です。福光美術館から車で34分です。是非あわせてご覧いただけると幸いです。

皆様のたくさんのご来館、お待ちしております!

段々夏に近づいてきましたね

美術館のホールから見える庭の緑が、だんだん深い緑になってきました。庭の木々の向こうに見える桑山も一層鮮やかな色に。

この桑山には、おもしろい神話があります。

……むかしむかし越中の立山と加賀の白山が、背丈比べをしました。山の神さまは、より一層自分の山が高くなるように、頂上に石や土を運びました。そのうち立山も白山もてっぺんが雲の上を越え、土石を運ぶのも難しくなってきました。とうとう白山の神さまは、これ以上積むことができませんと、力余って一鍬分を投げ外してしまい、砺波の川上の里、石黒の庄へ落としてしまいました。その落ちた「一鍬分」が「桑(鍬)山」となったそうです。

参考:昭和30年広報ふくみつ『桑山の名の起り』

戦後、福光で暮らした棟方志功も、この桑山を好んでよく訪れ、描きました。現在常設展示室では、桑山をモチーフとした肉筆画を2点を展示しています。

左:「福光風光の源玄」

右:「立山と医王山と法林寺村之図」

 

ホールに広がるうつくしい緑と桑山、そして棟方が描いた桑山の作品、ぜひご覧下さい。

企画展「安野光雅 花の世界」は6月24日までです。皆様のご来館、お待ちしております!

 

ゴールデンウイークももう後半。

 

美術館の周りの山々には藤の花が咲き、新緑に彩りを添えています。

さて、4月28日から「安野光雅 花の世界」の企画展が始まりました。

2回目の今回は、1926年生まれの安野光雅氏が50代、60代そして近年に描かれた「花」をモチーフとした作品を展示しています。

①    「野の花と小人たち」(50代の作品)

優しい色使いの花々の中に描かれた小人たち。思わず笑みがこぼれます。小人たちと一緒に、花の世界を冒険してみましょう。

②    「みちの辺の花」(60代の作品)

写実的に描かれた道端に咲く花々は、皆さんご存じのものも多くあるのではないでしょうか。図鑑を見るようにご覧になるのも良いのではないでしょうか。

③    「皇后美智子さまのうた」(近年の作品)

安野氏は天皇、皇両陛下が詠まれたお歌を元に随筆を書かれています。その随筆の装画として描かれたものを今回展示しております。1回目安野光雅展では画集「御所の花」の原画を展示しました。装画として描かれた皇居の中の花をお楽しみください。

 

また、6月2日(土)14時からは当美術館において富山古楽アンサンブルの皆さんの緑の森コンサートもあります。

 

新緑の中の福光美術館に是非おいでください。お待ちしております。

新任副館長より

福光から金沢市へ向かう国道304号線を立派な桜と福光美術館の看板を目印に左に折れ、道なりに走る。
町中を離れて山間にあるこの美術館へは、恥ずかしながら今まで年に数回しか訪れたことがないが、これからは毎日通うことになる。
異動したての頃はちょうど山下郁子展が開かれており、多くの方が来館されていた。

部屋には糸を染め織られた1枚1枚違った表情の着物が数多く展示され、ほーっと溜め息が出る。このような展示を見たのは初めてだ。美術と言えば、絵画、版画、彫刻とばかり思っていた。しっかり勉強しないと。
山下郁子展は4月8日まで開催されていたが、常設展のみとなり、画家石崎光瑤、板画家棟方志功の作品が常設展示室で、コレクション室では南砺市内外の作家の方の作品を鑑賞することが出来る。今月28日からは絵本絵画で知られる安野光雅展を開催する。一昨年に続いての開催である。前回以上に大勢の方が来館され、情感溢れる優しい作品を楽しんでいただきたいと思う。

愛染苑だより

雪をめいっぱい感じられるこんな年はなかなかありません。
棟方志功さんアトリエ鯉雨画斎の屋根雪を下ろしました。
「眺めが良くって、とても気持ちが良いですよー」
との声に、羨ましくなり、私もおそるおそる雪屋根に上ってみました。
屋根雪下ろしは小学生の時以来。足が滑りそうで、なかなか恐ろしいものです。
が、雪屋根の上で体をホカホカさせるこの作業には、えも言われぬ爽快感があります。

 
いたるところ、アルペンルート。

ぜひ、おいでください。
1 / 1112345...10...最後 »