館長の部屋

瞞着(だまし)川(がわ)は見ていた

 遠く医王山をのぞむ蛍の名所「瞞着川」の夕景。

 

 昭和20年4月。東京は連日の大空襲が続いた。東京から

この医王山のふもとの石黒村法林寺(現南砺市)に 板画家の

棟方志功一家6人が、命からがら疎開してきた。

地獄のような日々から 一転して、このおだやかな福光の風

光は桃源郷のように映ったことだろう。大切な版木や民芸品

を灰にしてしまい、絶望のなかで棟方志功は、よし、この地

で新しく生きて行こうと決心した。

 青森生まれの棟方志功は、極度の近眼で水辺の小さな花や

生きものたちを愛した。山麓の仮住まいの家から、毎日のよ

うに手紙投函のため、福光の町はずれのポストまで歩いて通

う。30分は要した。

 田園地帯の途中に、豆黒川ともナマズ川とも地元の人たち

が呼ぶ小川がある。その土橋で一服するのが志功の日課みた

いなものだった。この川にはもともとカッパに騙されるとい

う伝説があり、志功は面白がって「瞞着川」と名付け、物語 

にして39柵の板画「瞞着川板画巻」を彫った。

 

 

 

名作「瞞着川板画巻」から25年後、病床にあった志功は

再びこの中から13枚を選び、刷り直して着彩し、安川電機

のカレンダーとした。

そしてこれが、生涯最後の作品となった。その作品解説の

文中には、自分の運命的な宇宙観を与えてくれた、この地に

感謝するという言葉を残している。

 

※まちなかギャラリー、萱笑のパネル原稿から