館長の部屋

剱岳の見える民家のこと

世田谷美術館さんの格別のご配慮で、念願の向井潤吉展が開催できた。実はその中に富山県へ里帰りした作品が含まれている。

山雨来る部落

この作品は富山県中新川郡上市町の伊折集落で描かれた。剱岳への登山口にあたる、馬場島の手前で眼前に剱岳がそびえ立つ。向井潤吉も「日本じゅうでこれだけまとまった民家群がある場所は、ここだけになってしまった」と述懐している。正面に描かれたのが剱岳であろう。

富山市に住んでいたころよく飲み仲間と山菜採りに出かけた。岡本さんという方の家に泊めてもらったこともある。岡本さんのお父さんは長らく馬車曳きの仕事で毎日下の上市町まで通い、集落の用事を一手に引き受けておられたという。伊折の分校には東京の体育大学を卒業した新採の朝日町出身の若い先生が赴任していた。のちの女優、左時枝さんである。

伊折地区にはかって90世帯450人が住んでいた。主な生業は炭焼きだった。過疎がすすみ現在は住民がいない。しかし夏には地区出身者で獅子舞を復活させ、披露するのが恒例となっている。

また、もと富山県立近代美術館長、現西田美術館長の山口松蔵さんは、この地のご出身であり、ご自身も油絵を描かれる。

富山県立近代美術館がオープンする記念企画として、向井潤吉さんが選ばれて、この伊折を描かれた。今回の出品作品と構図が良く似ていて近美の所有になっているのも、なにかの奇遇といえよう。