館長の部屋

作家の予知能力のこと

作家は世の東西を問わず時代の風を敏感に嗅ぎとる予知能力がある。現在開催中の「ザ・セッション!Artの俊英展」の会場で見かけた陶芸家・藤井一範さんの「時の棺」はまさにその典型であろう。

3年前、チェリノブイリの原発事故をイメージした爆陶シリーズの再構成だとのこと。人為を超えた造形が見る人に強烈なメッセージを放つ。4月1日まで。

コメントは受け付けていません。