分館

分館 棟方志功記念館 愛染苑

愛染苑外観

「愛染苑」は石崎俊彦(1912年~2003年)氏が、多数の棟方作品と土地を福光町(当時)へ寄贈して設けられた記念館です。棟方志功が福光で疎開生活をしていた6年8カ月の間に制作した作品を中心に展示しています。「愛染苑」とは旧棟方住居の呼称でした。

旧棟方志功住居「鯉雨画斎(りうがさい)」

鯉雨画斎外観

昭和21年の暮、棟方画伯は栄町のはずれの田の中に一寓を構え、「鯉雨画斉」と名付けられました。そのころは画斉の窓から四辺の山々が眺望でき、前庭には田鮒の遊ぶ小川もせせらいでいました。

民藝館「青花堂」

民藝館「青花堂」外観

「青花堂」は棟方が石崎俊彦氏に与えた堂号でしたが、いまは「愛染苑」に隣接する民芸館の名前。石崎氏が家と民芸品などを町へ寄贈したことから、平成16年に民芸館としてオープン。石崎氏は棟方に住居の土地を貸し、隣に家を建て板画の摺りをまかされたほどのよき理解者でした。

  • 〒939-1654 富山県南砺市福光1026-4
  • TEL・FAX 0763-52-5815
  • ○開館/9:00 ~ 17:00( 入館は16:30まで )
  • ○休館/火曜日・年末年始(12/29~1/3まで)・展示替期
  • ○入館料/一般300円、高大校生200円、小中学生 無料
  • *各種手帳をお持ちの心身障がい者の方は、付き添いの方(1名)も含め、
  •  入館料が5割引きとなります。
  •  受付にて証明できるものをご提示ください。
  • *「愛染苑」と「鯉雨画斎」「青花堂」3館合わせての入館料です。
  • * 館内へのペットのご同伴はご遠慮願います。