福光美術館では、20世紀を代表する版画家 棟方志功ゆかりの美術館として、毎年版画による年賀状の公募展を開催しています。第16回となる今展では、北海道から福岡県まで全国18都道府県から届いた450点(招待作品を含む)を展示しています。大賞受賞者は一般の部 今枝隆子さん(富山市)、中学生の部 吉藤宙音さん(南砺市)、小学生以下の部辰尾果蓮さん(富山市)。なお、入賞作品は2月10・11に道の駅福光で開催される「南砺ふくみつ雪あかり祭り」で上がる50基の巨大紙風船(高さ6m)に描かれる原画として採用されます。大賞の3点は実物大の巨大画も展示しています。