10月15日、ミュージアムセミナーが開催されました。

10月15日、開催中の企画展「不二の美を観た人 美の法門 柳 宗悦展」のミュージアムセミナーが行われました。講師は棟方志功のお孫さんで学芸員の石井頼子さん。「柳 宗悦と棟方志功」~往復書簡に見る師弟愛~ のテーマで、若き棟方の才能を見出し世界的な版画家へと導いた柳と、柳を絶対的な師と仰いだ棟方の25年間にわたる師弟関係を 2人の間に交わされた数多くの手紙のやり取りから生き生きと浮かび上がらせてくださいました。ところどころ棟方のご家族ならではのエピソードも織り込んだお話は予定時間を30分もオーバーしましたが、聴講生は最後まで熱心に聞き入っていました。

「不二の美を観た人 美の法門 柳 宗悦展」は11月5日(日)まで、お見逃しなく。