常設展・コレクション室

■常設展示室 秋季展示のご案内

会期  8月23日(水)~12月18日(月)
*展示会期は予告なく変更する場合がございます。
観覧料 一般300円/高大生200円/中学生以下無料

 

【 棟方志功展示室】

代表作「二菩薩釈迦十大弟子」屏風(二菩薩改刻後)と、改刻前の「文殊菩薩の柵」「普賢菩薩の柵」のほか、棟方の後援者だった倉敷レーヨン社長大原総一郎の依頼を受けて制作した「運命板画柵」4柵、福光中学校の生徒のために書いた「徹道」(書)などを展示しています。他に「沢瀉妃の柵」「空海頌」6柵「歓喜頌」「華狩頌」「裸婦座像」「魚図」「立山連峰を望む海岸風景」「五ケ山の図」「猫の図」「青衣妃図」「黄衣妃図」を展示しています。

【石崎光瑤展示室】

まだ10代の若き光瑤の画力を示す「四季花鳥図」「笠置應召図」から、晩年の「聚芳」まで11作品を展示しました。他の作品は「紅風」「雪」「緋牡丹」「遅日」「秋光」「惜治」「晩秋富嶽之図」「後圃」です。また写生「南瓜」、写真「剣岳登頂に成功」「竹杖会」も展示しました。

 

■コレクション室 秋季展示のご案内

会期 7月19日(水)~11月6日(月)
*展示会期は予告なく変更する場合がございます。
観覧料 無料

今回の展示では、石崎光瑤没後70年記念として、当館が所蔵する光瑤の写生画から49点を展示しました。石崎光瑤は、若いころから対象を徹底して観察し、時に食事の時間も惜しんで写生をおこなったといいます。華麗な本画の裏付けとして日々取り組み、瑞々しく描きとられた花鳥の写生画をご覧ください。