「ケサル大王」上映会を開催しました。

開催中の なんとの至宝展Part6「デルゲ印経院チベット木版仏画展」にあわせ、7月23日(日)ドキュメンタリー映画「ケサル大王」を 大谷寿一監督をお迎えして10:00~と14:00~の2回上映しました。世界一長大な英雄叙事詩で、チベットでは誰もが知っている「ケサル大王」の物語。現在もチベットの人々に受け継がれているさまを人々の暮らしとともに捉えた100分のドキュメンタリー映画を大谷監督から撮影の苦労やチベット情勢の話も交えて観賞しました。デルゲ印経院の版木にはケサル大王の像もあり、映画にも版木と印刷の様子が登場します(本展でも彩色タンカと並べて木版画を展示してあります)。映画の観賞を終えた人は改めて展示作品に見入っていました。