「チベット木版仏画展」開会式

本日より「デルゲ印経院 チベット木版仏画展」が開会いたしました。南砺市にある至宝をご紹介する「なんとの至宝展」6回目となる本展では、利賀瞑想の郷の所蔵しているデルゲ印経院で印刷された木版仏画145点を一堂に展示。

開会式 テープカット

会場の様子

開会式後、田中公明氏(公益財団法人 中村元東方研究所専任研究員・慶応義塾大学非常勤講師)によるギャラリートークを開催。

「ケサル大王」の説明

「十六羅漢」を前に

 

展覧会は8月20日(日)までです。

皆さまのご来館をお待ちしております。

 

★企画展詳細はこちら