常設展展示替えのお知らせ

今年度3度目の展示替えを行いました。

棟方志功展示室では、倭画と彩色された版画作品を主に展示しています。落ち着いた空間の中で色鮮やかな世界をご堪能いただけます。

 

〇主な展示作品 御七媛図(六曲一双屏風)、青衣妃図・黄衣妃図、四季福光風景(4点)、干支女帖、流離抄版画柵(5点)

 

 

石崎光瑤展示室には、真鶴、丹頂、孔雀、極楽鳥、鷹、雉、雁など、鳥を主題に描かれた格調高い作品がずらりと並びました。

 

〇主な展示作品 鶴図(六曲一双屏風)、芦雁(六曲一双屏風)、藤花孔雀、緋牡丹

 

今回の展示は4月3日(月)までの予定となっています。火曜日休館。

常設展示室(棟方志功と石崎光瑤の2室)は観覧料300円。

また、2階コレクション室は彫刻家松村秀太郎の作品37作品を展示中です。

こちらは無料ですので、あわせてごゆっくりお楽しみ下さい。

詳しい展示内容や美術館へのアクセス方法等については下記までお尋ねください。